【全国女子駅伝】豪雪の中決行された女子駅伝 猛吹雪のなか走らされるランナーが可哀想

   

新春の京都を舞台に、中学生から社会人までのランナーがたすきをつなぐ
都道府県対抗の全国女子駅伝が15日に行われた。

全国女子駅伝は今回で35回目となり、ことしは日本で初めて駅伝が行われてから100年という節目の年にもなります。大会には47都道府県のチームが参加し、京都市の西京極陸上競技場をスタートとフィニッシュに、マラソンと同じ距離を中学生から社会人までの9人のランナーがたすきをつないだ。

優勝争いは関西勢を中心に展開されると予想されるなか、13年ぶりの優勝を目指す兵庫は、去年の高校総体1500メートルで表彰台を独占した西脇工業の選手など中学生から社会人まで力のある選手がそろう。

この日は各地で最強寒波を記録、各地で事故が相次ぐ悪天候。
全国女子駅伝は豪雪のなか決行された。

9区間42.195キロのコースであり、京都が2時間17分45秒で優勝した。
岡山が2位、千葉が3位だった。

 - スポーツ