熱演!戦国時代へタイムスリップする綾瀬はるかキュートすぎる『本能寺ホテル』

      2017/01/16

女優の綾瀬はるかさんの主演映画「本能寺ホテル」(鈴木雅之監督)が14日、
公開。

綾瀬さん演じる繭子がふとしたきっかけで泊まることになった京都の路地裏にある「本能寺ホテル」は戦国時代へとつながっており、信長や従者の森蘭丸と出会い交流を深めるというストーリー、やがて迷い込んだ当日が「本能寺の変」の前日であることに気づくという歴史ミステリー。

本能寺の変という日本人のロマン心をくすぐる設定だが、現代人の女性が戦国時代へとタイムスリップした物語が繰り広げられるだけに、洋服姿と着物姿で趣の異なる可愛らしさを見せてくれる綾瀬さんには、思わず見とれてしまう。

特に着物姿の男たちの中で一人白いニット姿でいるギャップや、着物姿に装いを変えて笑顔を見せる綾瀬さんの織田信長を遊びに誘うシーンにキュートな魅力を感じる。

出演者は織田信長を演じる堤真一さん、従者の森蘭丸演じる濱田岳さん、ホテルの支配人役で風間杜夫さん、明智光秀役で高嶋政宏さんら。

 - エンタメ